‘ファッションショー’ タグのついている投稿

桜より気になる春の花 ~白木蓮~

桜、木蓮、 先日東京にも開花宣言が出ていよいよ桜の時期になりました。
あっちもこっちもピンク・ピンク。食べるものも”桜***”のオンパレードですね。1年に1週間ばかり咲く花にこれだけ熱狂するのってやっぱり凄いことです。桜も責任重大なので「今年は咲かないことにしたいなあ・・」なんて怠慢は許されず、ひたすらがんばって咲く努力をしているんでしょう。

そんな中、私が毎春楽しみにしている花があります。

実は桜よりも気になっている花で、桜よりも一足先に満開になっている大好きな花です。それは白木蓮。
基本、木になる花はあんまり好きじゃないんですがこの花だけは例外。とても思い出深い花でもあります。
モデルの仕事で初めて訪れたワシントンDCのファッションショー話はかなり前に一度ブログで書いていますが(→こちらをご参照下さい)その時の話です。私達が泊まったホテルはワシントンの中心というより、少し離れた広々としたエリアにある大きなホテルでした。周りはショップやレストラン、といったにぎやかなものはあまり無くて、各国の大使館や、高級住宅が建ちならぶような静かな場所にあり、道路わきの並木や植物は綺麗に整頓・管理され、プチ公園のようなグリーンスポットが沢山点在しておりました。

そんな中でひときわ美しかったのが白木蓮の巨木。見たこともないようなサイズです。さすがUSA! 木蓮の木まで大きいとは・・・と驚いたことを覚えています。しかしその天にそびえる巨木とはうらはらに白い木蓮の花はどこまでも可憐ではかなげ。その色がそう見せるのか、はたまたあの不安定な花びらの形状がそう思わせるのか、私には木蓮の花は柔らかく、風と共存しつつどこか寂しげで、崩れそうで、でも花びえの頃の肌寒い空気がとても似合う。そんな花なのです。そんな花が圧倒するような数で咲き誇るワシントンのそれは白の洪水のように上から降ってきそうな花・花・花!の天井。その下にぼーぜんと立って花を眺めていた記憶は今も鮮明に残っています。

その時のショーで着せて頂いた絹のドレスがあるんですが、今から思うとまるで白とも薄黄色ともつかない、まさに木蓮色!しっとりとして艶やかな白のドレスの裾はちょうど木蓮の花をひっくりかえしたようなものでした。暖かくなま温い風を感じるようになり、ピンクの桜騒ぎの中、たった2週間ほど前の白木蓮を眺めていた時期が少し懐かしく感じるようになった今日この頃。あの凛とした一時は次に堪能できるのは1年先。こうして考えてみると私の熱狂も桜のそれとあまり変わらないなあ・・と思ったり。

ちなみにその桜ですが温暖化が進んでいる昨今、冬の気温があと5度くらいあがってしまうと西日本では桜は咲かなくなるらしいです。桜はある程度寒さ・冷たさといった「冬」を感じて、次に暖かくなった頃に「春」を感じ開花するんだそうです。それがいつでも暖かいと咲いていい時期がわからなくなるんだって。うーん・・・花も”メリハリ”が大事なんですな。そのあたりは人間も同じで、生活の中に大事なリズムやON・OFFはきちんと感じていく必要がありますね。しかしこれで桜も咲いてONパワーが全開!!になりつつも きちんと休息をとりつつ落ち着いて毎日を過ごしていければ、と思っています。

カンパリの赤で秋色?女色?

campari 寒い季節を色で表現するとやはり「赤」なんであろう。
暖をとる赤、クリスマスの赤、葉の赤。。。やっぱり赤には人をワクワクさせる力があると思います。夏は見たくもない色ですが この時期になるととても恋しくなります。

さて私はお酒がとても好きか、というとそうでもありません。嫌いじゃないですが、元来あまり強くないんでしょうね。いくら飲んでも酔っ払わない、という人はすごいなあ・・・。基本的にジン以外だったらなんでもすこ~し飲むのが好きです。量がいかないだけ。さてお酒もこの時期になるとなぜか「赤い」お酒が飲みたくなるのです。

ビールとかも好きですが、やはり夏場のほうがまあ、普通に。ワインもからっきし弱くなったけど白より赤が好き。どんな料理にもワインだったら赤飲んじゃいます。赤い酒といっても さすがに”まむし酒”とかは・・飲まないけど・・あ、養命酒はありました(笑)。

赤いお酒で特に好きなのはチンザノロッソか カンパリです。ところで味は置いておいて、カンパリの赤ってなんてワクワクするんでしょう? おそらく瓶の色のせいなんだろうけどチンザノは見てもどーにも思わない。カンパリの赤を透き通してマホガニーの家具とか見ている事を想像すると身もだえします。
カンパリには鮮明な思い出があります。19の時にモデルの仕事でワシントンに行った時(この話は”世界あちらこちら”の中でも書いてます)。
映画のような豪華なホテルでおどおどしていた私は 夜、同室の先輩から「BARに行ってみない?」と言われ キョロキョロしながら下に降りていきました。
初めての海外で 足が埋まるような絨毯につまずく度にひきつけを起こしそうになっていた田舎娘は、数日後に控えていたファッションショーの事なんて頭からすっとんでいました。さて。BARに行ってみたらこれまた映画のような世界が広がっていて、緊張のあまり詳しく覚えてませんが。カウンターの後ろには見た事もない酒がずら~り。「何にする?」なんて言われた時には頭は真っ白・・・。お酒なんて父が晩酌で飲んでいた瓶ビールくらいしか見た事ないよ。。
その時に目に飛び込んできたのがカンパリの赤でした。キラキラ光る照明の中に真紅のボトル。「あんな綺麗な赤いお酒があるのか?」と驚いた瞬間ははっきりと覚えています。しかしオーダーして一口飲んでみたら・・「まっずーい!!!@@」これがその時の感想です(笑)。でも時が経ち いまやカンパリって美味しいな~・・と思う毎日を送るなんてあの時の衝撃的なまずさからは思いもしませんでした。

話は戻り、赤いお酒っていろいろあるのねえ・・と調べてみてびっくり。”赤すもも”のお酒や”人参リキュール”なんてのは どんな味がするのでしょう?あ、そうだ。赤シソのお酒っていうのがありました。田舎の近所のおばあちゃんが作ったものですがこれがまた美味しいの♪健康にも良さそうです。
ちなみに以前赤シソのジュース(アルコールは全くのゼロ)を3歳の子供に飲ませたら なぜかよっぱらったように真っ赤になりました。。はて?なぜでしょう?

オートクチュール その②

miami 以前 記事にも書きました MYオートクチュールですが、今日 仮縫いに行って参りました♪

いや~!すごいすごい。思っていたとおりのフォルムと質感!大感動です♪デザイン画を書きながら、「・・・ってこんな風にはならないよねえ・・」ってつぶやいてましたが いやいや、それが”こんな風”なのだ。ジャケットは生地選びもお願いしちゃったんですが(なぜならばあまりに生地に無知な私が生地屋で途方にくれたから、です)
思い描いていた、しっとり感、且つラフ感、ジャケットとショートコートの境目、襟の立ちあがり、袖はば、肩の出方・・・。見事にどんぴしゃり!

モデル時代も、仮縫いは死ぬほどやりましたが やっぱり自分の服だと仮縫いも舞い上がります♪
モデルの話にちょいと戻りますが、あるメゾンでそのシーズンの仮縫いをメインでやるとします。そうするとそのシーズンのショー(春・夏、とか秋・冬)で舞台に出る服は すべてその人のサイズで作られちゃう、というわけ。なのでそのモデルさんはそのシーズンのショー服はかなりのパターンを ショーセールで買いまくっていきます。*ショーセールとは(・・うーん、確かもっと違う名前だったな) ファッションショーで出た服だけをセール販売する場があるんです。
もっともそこには招待状みたいなものがないと 通りすがりじゃ入れなかった。今は違うのかもしれないですが。 あの当時 そんなに大きい(細くて長い)服が 巷でそうそう売ってなかったので モデルさんたちはこのショーセールで服を入手しまくるわけですな。でもご想像のとおり ショーに出る服って若干 TOO MUCHなので、普通 買っても街で着れないので買わない。もっとも サイズもでかいので 買わない(笑)。余談でした。戻りますが、そんなステキなジャケットと、もう一つ 是非!と作って頂いてるのが皮風 パンツ。ちゃんと皮じゃないです。本皮じゃあ重くて歩けません。よく皮風パンツあるんですが 私の長さであるとしたら、原宿竹下通りのシルバーのチェーンがじゃらじゃらぶらさがっている店になってしまいます。=パンク?ロッカー?はたまたDEATH NOTE?みたいになっちまいますよ。普通のお店であったとしても 腰まわりや腿まわりが ぶごぶご・・。それがまー!ぴったり ONサイズで誕生しつつあるわけです。大感動~・・・泣。

また余談ですが、皮パンツというと思い出すのが 俳優のデンゼル・ワシントン。
いつだったかロスでブラついてた時、HOLLYWOOD BLVDでデンゼル君を見かけました。この時の彼はちょうど「マルコムX」あたりの頃で バリバリの時です。彼が黒の細身の皮パンツに真っ白のセーターをぼさっと着ていたんだけど、あのダサい!ハリウッドの中で唯一 「かっこいいなあ」と思った人物でありました。
そういう私の皮パンツはジャケットと一緒にできあがったら生写真公開です♪

ワシントン 19歳 春

cherry
その昔、日本から送られた3000本の桜の苗木が初めてUSAの首都 ワシントンに植えられ、その後に毎年春になるとJefferson Memorialの周りを中心にそれはそれは美しい”桜祭り”が催されるのでございます。
私がモデルになって 初めての仕事がこのワシントンD.C.のNational Cherry Blossom Festivalでのファッションショーでした。思えばここで大きな勘違いをしたわけで、後に大変な思いを数々してゆく羽目になったわけなんですが。。。 19歳の春でした。

当時 六本木にアトリエがあった、とてもJAPANESE色の濃いデザイナーさん。絹がメイン素材で、日本の伝統柄をドレスやスーツで発表していたメゾンでした。USAが国をあげての桜祭りのイベントの一環としてそういう日本チックなデザイナーさんのファッションショーというのもうなずけます。さて、私が何を勘違いしたか、というと。19歳の田舎娘が ANAのビジネスクラスに乗せられ、2bed room+2bath roomもあるワシントンDCの最高級ホテルに泊まり、1週間滞在の間の費用はコーヒー代も全て払ってもらい・・。モデルさんって毎日こんな生活なんだ、と思ってしまったわけですよ。
バブル真っ最中で就職の内定書を両手にババ抜きができた時代。かなりまじめに学生生活を送っていた私は今をときめく大企業に簡単に入れる状況を打ち捨て この世界に飛び込んでしまったというのが結末です。もちろんこの職業を選んだのは”こんな美味しい思い”ってなわけばかりじゃありません。それなりに信念も夢も持っていたけれど。

とまあそんなわけで初めてのショーがこんな大舞台だったもので 私はほとんど何をしたのか覚えてません(笑)。しかしものすごく強烈に印象に残っているシーンがあって、それはwaiting houseから メイン会場のJefferson記念堂まで歩いてゆくんだけど、その日 桜が満開でみぞれが降っていた、というすごい天気でした。
でも15人くらいの黒髪のモデルさん達が真っ白の絹のパンツスーツを着て、真っ赤なジャバラ傘をさし、一列でみぞれと桜の下を歩く姿は本当に美しく、幻想的な光景でした。私は一番新人だったので 一番後ろから歩いていたのでこの光景を良く覚えています。
ファッションショーは大成功で、あの頃の日本チックドレスはアメリカセレブに大好評だったそうです。当時の大統領はレーガンさんで(・・・古いなあ・・) ナンシー夫人とご一緒にショーを最前列で鑑賞されてました。このショーは一応 ナンシー夫人のハンドリングというわけで、ショーの後は ホワイトハウスで ナンシー夫人主催のレセプションが行われたのですが ホワイトハウスがどんなだったか、まったく記憶にない(笑;肝心なことはまったく覚えておりません)。

でもこの桜の下の白装束は恐ろしく甘美なシーンとしてはっきりと頭の中にメモリーされているのでした。