映画「カイロ・タイム〜異邦人」より

美しい影像と沈黙の持つ意味。
2013年の秋に素敵な映画に出会いました。
パトリシア・クラークソンとアレクサンダー・シディグの静かな演技が印象深く胸に残ります。
プラミッドの夕日とP・クラークソンのターコイズのドレスが美しく・・・
A・シディグの深い瞳に誰もが恋してしまうような夢のひとときを堪能しました。

追記:アレクサンダー・シディグはとても綺麗に歩くのです。
最近 こんな綺麗にあるく俳優さんは見た事がありません。
あの手足の長さと頭の小ささ、首の長さ。そしてなによりあの微笑みです。
HERMESなんて似合うだろうなあ、と思ったりしております。

映画「カイロ・タイム」のイメージ

映画「カイロ・タイム」のイメージ




alexander siddig

alexander siddig